menu

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

おわら保存会 年代表

大正8年(1919年) 「おわら研究会」ができる

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

昭和4年(1929年) 「越中八尾おわら保存会」発足 初代会長に川崎順二氏就任
おわら万葉集草稿「民謡おわら節」発刊
「おわら歌詞懸賞募集」始める
昭和10年(1935年) 聞名寺において「おわら競演会」始まる
昭和22年(1947年) 天皇陛下が「おわら節」をご鑑賞 (富山県庁奉迎会館)
昭和26年(1951年) 「越中八尾民謡おわら保存会」を「富山県民謡おわら保存会」と改称
昭和27年(1952年) 「日本民謡協会第三回年次大会(宮城県仙台市)で優勝
昭和27年(1952年) 「全国民謡舞踊大会 東京大会」で優勝
昭和28年(1953年) 日本民謡協会主催第3次全国民謡大会席上 川崎会長「民謡功労章」を受賞
昭和28年(1953年) 「ユネスコ国際民族音楽会議・音楽舞踊祭」(パリ)に日本代表として出演
昭和28年(1953年) 第13回 国民体育大会富山大会」(夏)の開会式マスゲームに出演
昭和30年(1955年) 「全国民謡連盟」発足 会長におわら保存会会長 川崎順二氏就任
昭和36年(1961年) 八尾小学校グランドへ競演場を移す
昭和41年(1966年) 「富山県民舞踊連盟」総会で川崎順二氏会長に就任
「全国民舞踊連盟」総会で川崎順二氏再選
昭和43年(1968年) 「明治百年記念アジア民族芸能祭」(東京 国立劇場)に出演
昭和44年(1969年) 会長川崎順二氏が長年の文化(民謡)功労により勲5等双光旭日章に叙せられる
昭和45年(1970年) 「日本万国博覧会」(大阪・日本のお祭り)に出演
昭和46年(1971年) 初代会長川崎順二氏逝去 第2代会長に橋爪辰男氏就任
昭和47年(1972年) 「ふるさとの歌まつり」(芸能百選)に出演
昭和50年(1975年) 「第10回 国際民族芸能祭」(ユーゴスラビア、ザグレブ)に日本代表として出演
昭和52年(1977年) 「第1回 日本民謡踊り」(文化庁主催・国立劇場)に出演
昭和54年(1979年) 「おわら演技発表会」始まる
昭和57年(1982年) 風の盆前夜祭(8月20日~30日)始まる
昭和58年(1983年) 富山県教育委員会より「富山県郷土芸能保存団体」の指定を受ける
副会長長瀬一郎氏、おわらの運営普及の功により県教育委員会より芸術文化功労表彰を受章
昭和60年(1985年) 「科学万国博覧会・つくば/EXPO85」の「日本のまつり」出演
昭和62年(1987年) 第3代会長に長瀬一郎氏就任
平成 2年(1990年) 「国際花と緑の博覧会」(大阪市鶴見区)「富山県の日」に出演
平成 3年(1991年) 第4代会長に井野下堅佑氏就任
平成 4年(1992年) 「第1回 ジャパンエキスポ富山92」(小杉町)に出演
平成 6年(1994年) 「日本文化通信使事業」(韓国ソウル)公演
平成 7年(1995年) 「第3回 地域伝統芸能大賞」を受賞
平成 9年(1997年) 第5代会長に福島順二氏就任
平成16年(2004年) 天皇陛下が「おわら」演技をご鑑賞(天皇陛下の古希を祝う民族芸能講演会)
平成18年(2006年) 有限責任法人 富山県民おわら保存会として法人化
平成18年(2006年) 「おわら風の盆」を商標登録
平成18年(2006年) 富山市・南砺市・飛騨市観光プロモーション事業「韓国ソウル市・伝統芸能公演」に出演
平成19年(2007年) 「薦田賞」(日本民謡協会)を受賞

平成20年(2008年)

法律改正により、「有限責任法人 富山県民謡おわら保存会」を「一般社団法人 富山県民謡おわら保存会」とする
平成21年(2009年) 「一般社団法人 富山県民謡おわら保存会」を「一般社団法人 富山県民謡越中八尾おわら保存会」と改称
平成21年(2009年) 初代会長 川崎順二氏の銅像を建立 越中八尾観光会館前に設置
平成22年(2010年) 富山県代表として「上海万国博覧会」に出演

平成22年(2010年)

当保存会創立80周年記念式典を越中八尾観光会館大ホールにおいて開催
平成23年(2011年) 皇太子殿下行啓より越中八尾観光会館をご訪問され、小・中・高校生のおわら練習風景とおわら演技をご鑑賞