menu

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

演技指導

 

本場の魅力  - 演技者自身が感じ、また他を魅了する -

魅力ある無形財産「おわら」の価値をいっそう高めていくため、当保存会では、心と技を演技といった見える形に変え、「富山県民謡越中おわら」の保存・育成に努めています。

古くから伝わる「おわら」の心、技をこの先ずっと後世に伝え残していくために、演技者一人ひとりが極みをめざし、演技者が集う場ではお互い切磋琢磨します。演技に至る温習プロセスや心がまえ・技・姿の指導は演技指導部が主管します。

 

 

    温習会

演技指導部では、年間を通しておわらの普及に努めています。

年間温習会として4月、6月、7月、8月、10月、11月の各月1日に開催。また定例温習会として6月中旬に5日間開催します。踊り、唄、囃し・太鼓、三味線、胡弓の担当に分かれ、師匠クラスの演技指導員が熱心に指導にあたります。

踊りの担当では、踊りの基本・法被や浴衣の着付け、所作・立位置・姿勢・振り付け、唄・囃しの担当では、唄い方の基本・発声法・歌詞の理解・拍子のとり方・アヤの入れ方、唄の表現、三味線・胡弓の担当では、楽器の手入れ・歌詞の理解・歌種の理解・弾き方の基本・拍子どり・音色の表現など、それぞれの担当に必要な心構え、技術を演技者一人ひとりのレベルに合わせ、習得を目指し、多彩な角度からアプローチします。

 

 


    演技発表大会

毎年、7月第2日曜日には、各町の保存会より新人・若手演技者の発掘を目的に「演技発表大会」を開催します。少子化の進行により若年人口が減少傾向にある中で、当保存会にとって後継者発掘・育成のための重要な事業の一つです。最近では、新人・若手に中堅の演技者も加わり、日頃の練習成果を発表する機会となっています。

 

 


    おわらのど自慢コンクール

「おわらのど自慢コンクール」は、昭和23年(1948年)に全国で最初の民謡のど自慢大会として開催された歴史ある大会です。

昭和35年(1960年)まで聞名寺境内、平成20年(2008年)まで八尾町社会体育館、平成21年(2009年)から今日まで越中八尾観光会館で開催と、会場の変遷はありますが、より本場の唄い方に近い「おわら節」を唄えた出場者だけが入賞するといった厳しい審査基準は変わりません。

出場者の中で優位及び秀位と認められた方については、1年間の 「おわら大使」の称号授与され、前夜祭期間中に、11町内の保存会支部の中から承認を得た町内で練習・町流しに参加することができます。

 

 


 

 

 

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得